長崎にゆかりあるクリエイターへのインタビューをお届けしています。

>3  >2  >1

 

岩永嘉人


画家。長崎市在住。83.84.85西日本美術展/84.86北九州絵画ビエンナーレ展/91.93「風の芸術展」/92.94.96現代 日本絵画展/92安井賞展賞候補/92日本海美術展受賞/94別府現代絵画展/94青木繁記念大賞展/00英展 以後コンクール出品をやめる。個展(東京、長崎)グループ展(東京、大阪、福岡、久留米、鹿児島、都城、長崎、ソウル、アルバカーキー等)。長崎新聞にて 「ビ・ビッと美術」を連載(2011.4~2013.3)。

 
 

「魚眼カメラで空を撮ると四隅は真っ暗。これを描けばすべての空間を描くことになります。水面下を描くということに」 「私の作品は近づいてみてほしい」 「60工程を経て頭の中にある完成したかたちを目指していくんです」 「具象をやっていたとき世紀末の物語を求めていました。しかし徐々に過剰になってモノを消していきました」 「県展の審査もやっています。写真をトレースした作品などもってのほかです」 「日本武道館の舞台装飾の大道具のバイトしていました。ベイシティローラーズ、クイーン、キッス、デビット・ボウィ」

 
 

同席:岩永氏奥様
収録場所:岩永邸
収録日:2017.05.17
放送時間:5分31秒
ご自身のサイト

 

 

古賀正裕


グラフィックデザイナー。西海町在住。ヒアリングを中心としたコンセプト立案から、シンボルマーク開発、広告デザイン、商品パッケージ、書籍デザイン、店舗プロデュース、ウェブデザインなどを行っている。主な仕事にナガサキリンネじゃがメル季刊「樂」、ダンボール遊園地、しあわせしいたけ等。
長崎デザインアワード2013でデザインを手がけた沖田製菓舗「おきたのなめらか和ジャム」銀賞受賞。企画展「NIPPONの47人 2015 GRAPHIC DESIGN」長崎県代表。

 
 

『沖田のなめらか和ジャム』は、30代女性に和菓子のあんこを先入観なく手に取ってもらうためのデザイン。このときは7種類の味ごとにパッケージを印刷していてはコストがかかるのでラベルを張るかたちにしました」 「『じゃがメル』のパッケージは段ボール箱のミニチュア化。感性的なコピー、理性的なコピーを両側面に配して男女に、裏面に外国人に向け英語を配しました」 「世の中的に、モノのデザインは終了していて、コトのデザインに移っています。経験自体が商品であり、それをプランニングすることがデザインの方向性だと思います」

 
 

同席:諏訪ノ森店主
収録場所:諏訪ノ森
収録日:2014.2.8
放送時間:5分43秒
ご自身のサイト

 

 

西村江美子


Gallery EM(ギャラリーエム) オーナー。長崎市在住。
Gallery EMは2008年にオープンした私設の現代アートギャラリー。以来、一貫して質の高い作品展が開催し続けられており、長崎県における現代アートの守護神的拠点として注目される。水辺の森公園、長崎県美術館、出島ワーフ、長崎港、オランダ坂、グラバー園と美しい長崎を象徴する環境に立地する。

 
 

「美術史上で好きな作家は、タピエスクレーロスコポロックカンディンスキーなどですね」 「直付けなので毎回壁の修復に1週間ほどかかります」 「初回に開催した小林健二さんにオファーをお受けしていただけたら、ギャラリーをオープンしようと思っていたのです」  「印象に強く残っている方をあえてあげるのならば釣谷幸輝さんですとかみいださかえさん山口敏郎さん、そして佐賀在住の塚本猪一郎さん」 「一番のよろこびは、展示を終えて音楽をかけ一人でぼうっとしているときですね」 「アートをもう少し生活に取り入れ身近に感じていただきたいなと思います」

 
 

同席:しげの
収録場所:Gallery EM
収録日:2013.7.27
放送時間:5分11秒
ご自身のサイト

 

 

小島健一


地下の達人。「社会科見学に行こう!」主宰。埼玉県出身。各地の工場や産業遺構を取材し本にまとめるカメラマン、ライター、イベントコーディネーター。2011年10月から3年間「地域おこし協力隊」として長崎の池島に拠点を移し、炭鉱施設が豊富に残る産業遺産の宝庫「池島」の情報を発信し知名度アップに従事。
『ブラタモリ 長崎編Ⅱ』への出演や、軍艦島3D動画に関わる。
著作:『ニッポン地下観光ガイド』『社会科見学を100倍楽しむ本』『社会科見学に行こう!』『見学に行ってきた。―巨大工場、地下世界、廃墟…』

 
 

「関東では『ニッポン地下観光ガイド』を出したので地下の達人という紹介をされていました。その第二弾を作ろうとして池島取材をしたのが、池島との関わりの始まりです」 「今まで見学した場所で最もよかったのは、黒部第四発電所、それと首都圏外郭放水路。九州の中では池島」 「池島で生活する分は不自由はないです。ネットの存在は大きいですね」 「地方在住で発信していくノマド的生活は、時代的にそこまで行ってないんじゃないかと思います」 「情報が東京中心に回っていては地方の人が地方を見なくなるのじゃないかと」

 
 

同席:伊東春香、ひろせ酒店店主
収録場所:池島「ひろせ酒店」カウンター
収録日:2013.3.6
放送時間:5分24秒
ご自身のサイト
池島のサイト

 

 

安藤真由


造形作家。諫早市在住。2005年頃から様々なグループ展や公募展に出品するなど制作活動を展開。ほとんどは半立体作品で、光や影は作品に不可欠な要素となっている。行為をそぎ落とし、素材本来の表情や光と影のコントラストを平面上でいかに美しく魅せるかが追求されている。
ART STREET SASEBO展 コンテンポラリーアート99 真実と感性を表す芸術家たち展 ダイワハウス×7人の作家展 日韓交流展 新人選抜展(銀座) 上野の森美術大賞展 行動美術展の損保ジャパン美術財団賞等。
作品はこちら。

 
 

「くどくならないように気掛けています」 「作品を感情のはけ口にしてもいい作品にはならないと思います」 「自己主張をせず、でも存在感のある作品を」 「もうつくれないんじゃないかとか、もうこれが最後なんじゃないかとか、そういう恐怖は常にあります」 「制作は時間的にはあっという間です」 「降りてくる瞬間はあります」 「好きな作家はクリストマイケル・ハイザーナンシー・ホルト。絵描きでしたらタピエス」 「様々な偶然と機会が重なって、今私がここにいるのだと」

 
 

収録場所:カフェ豆ちゃん
収録日:2013.1.5
放送時間:5分12秒

 

 

下妻みどり


ライター。長崎市在住。レポーター、テレビディレクターなどの「ター」を渡り歩きつつ、長崎での生活とそれを形作っているものについて、考え、書き、描く。「長崎生活文化研究所 トンビ軒」主宰。これまでの著書『長崎よりみち散歩』(ながさきプレス)、『長崎迷宮旅暦』(書肆侃侃房)に続き、2012年9月『長崎おいしい歳時記』(書肆侃侃房)を刊行。
制作にあたったTV番組「太鼓山の夏~コッコデショの131日」(NBC長崎放送)は平成17年日本民間放送連盟賞優秀賞受賞。他、雑誌広告記事執筆、番組制作多数。

 
 

「食べるということは自然の営みであり本来商品にすることではないのです。現代は食べ物から味だけを切り離し商品化しています。それは幸せになる道ではないと思います」 「風潮として自分でつくる一手間をあきらめ消費者になっているのではないかと」 「お母さんが土地のものではないものを食べて赤ちゃんにお乳を与えると微妙に飲まなくなるんです。土地と人間のつながりは思っているよりも強いんですね」 「この本では長崎のいろんなものをさらりと書きたいと」 「大学で学んだ民俗学が巡り巡って戻りつつあるようです」 「死ぬ前に何を食べたいかというと……」

 
 

収録場所:諏訪の杜
収録日:2012.9.23
放送時間:5分11秒

 

 

大浦一志


現代美術作家、グラフィックデザイナー、武蔵野美術大学共通絵画教授。'92年8月から、東京(自宅)と雲仙普賢岳災害被災地を往還し、残骸物の掘出し等を行い定点観測を続け、自然と人間の関係を見つめる「普賢岳プロジェクト」を進行中。'97年「第26回現代日本美術展」毎日現代美術大賞、'05年「第39回造本装幀コンクール展」日本印刷産業連合会会長賞ほか。'12年「大浦一志:自然と人間 雲仙普賢岳との20年」埼玉県立近代美術館。パブリックコレクション:世田谷美術館、北海道立帯広美術館、埼玉県立近代美術館。若き日、雑誌『ポパイ』の立上期エディトリアルデザインや、NHK『シルクロード』ビデオパッケージデザイン等を手掛ける。

 
 

「雲仙被災地には毎年、20年間で36回入ってます。場所は深江町、(旧)大野木庭小学校より300mぐらい上です」 「そこに玄関の扉だけが残り立っていて、写真だけでは捉えきれないと感じ掘り越したのがきっかけです」 「現代は情報だけ受け取って分かった気になっています。現地の膨大な土石の量を見て全く違うと」 「自然は視覚の醜さや痛みを消してくれます」 「自分の内側から掘り起こした言葉を、自分の肉体を通し大地に穴を掘り埋める。その後、掘り起し言葉に対する疑問を感じる。この往復を行うということ」 「定点観測点の下には縄文晩期の遺跡があります。この現代と縄文時代という時間軸を公開できないかと」 「土石流の被災民家跡の展示はありますが火砕流のそれがないんです。定点観測点に遺構公園を創れないかと」 

 
 

同席:伊藤昭博、田屋敷酒風散人、美和
収録場所:網元
収録日:2012.8.14
放送時間:9分49秒
プロデュース:田屋敷酒風散人、美和

 

 

マルモトイヅミ


漫画家。1992年、少女漫画誌「ボニータ(秋田書店)」にてデビューの後、さまざまな雑誌で作品を発表。イラストレーターとして科学本の挿し絵を描いたり、また地元でのフリーランス活動にも力を入れている。2010年、被爆体験継承のための、新たな漫画プロジェクト「ニアメモーロ」を立ち上げ、2011年に「マンガで読むナガサキ(タイピントギャラリー)」を上梓。長崎市美術振興会会員、路上観察学会アルキメデス会員。

 
 

ニアメモーロの立ち上げは被爆者の方から『裸足のゲン』のようなものを描けばと言われていたのがきっかけです。その方が亡くなって、いけない本格的にやろうと」 「震災にあったクライストチャーチ出身者から『南山手から駅までビルが全部ない光景を想像してみて』と言われました。私たちは親から被爆のことを聴いているけれど、彼女のようにはリアルに捕らえられていないなと感じて」 「今までに10人近くの方にお話を聴いています」 「これらの作品を描いていると。架空のものではないので芯がぶれません」 「お話をお伺いすると、あらためて大正から昭和初期の日本の豊かさも感じます」

 
 

同席:岡野雄一、岡野氏御夫人
収録場所:諏訪の杜
収録日:2012.8.3
放送時間:7分37秒
ご自身のサイト

 

 

田中之雄


我が国を代表する琵琶奏者の一人。東京都在住。世界音楽史に残る武満徹の「ノヴェンバー・ステップス」初代奏者鶴田錦史の直系にして鶴田流琵琶鶴翔会会長。日本琵琶楽協会常任理事、東京音楽大学講師。日本琵琶楽コンクール第一位ならびに文部大臣賞・日本放送協会賞受賞。岩城宏之、小澤征爾らとの共演など、古典から現代作品まで国立劇場をはじめとする国内活動から国際的フェスティバル、コンサートに多数出演。作品はこちら。

 
 

鶴田錦史先生のところで稽古をはじめたころ『ノヴェンバー・ステップス』が世界的にヒットしはじめました」 「武満徹さんの『ノヴェンバー・ステップス』は琵琶の鶴田、尺八の横山という演奏家がおられたので作られた曲」 「鶴田先生から『あなたに憶えておいてもらわないと困るから』と言われ稽古が始まって」 「突然鶴田先生にパリ演奏に行くように言われ、それから帰ってきてすぐに私の『ノヴェンバー・ステップス』初演でした」 「キッカケで演奏を合わせ、間の感覚で乗っていく」 「一音成仏。一つの音を出して消えていく間に感じさせるようなよさ」 「間をつくると、一つの音を綺麗な音、深い音にしなければ、次の音につながらなくなります」

 
 

同席:田中氏御夫人、御親族、田屋敷酒風散人
収録場所:ホテルニュー長崎
収録日:2012.7.21
放送時間:13分31秒
プロデュース:田屋敷酒風散人

 

 

今道信子


画家。横浜市生まれ。長崎市在住。日展、西日本美術展、西日本女流展、青木繁記念大賞展、長崎伸美術展、雪舟記念美術展、熊本現代美術展、田川市美術館英展、日米美術交流展、韓日作家展にて受賞、入選多数。日本画・洋画さらに具象・抽象という枠を超えた知的にしてストイック、繊細にして大胆な作品の質の高さには定評がある。美術展「ART⇔IN⇔OUT 開かれた空間における六つのインスピレーション」会場でインタビュー。

 
 

「国立博物館の暗い部屋から外に出た時に、青々として爽やかなユリノキの大樹があったんです。それが樹を描き始めたきっかけです」 「樹を地上部と地下部を並べ描いた作品では青木繁記念大賞展特別賞を頂きました」 「作品がモノトーンになったのは割と早いんです」 「今回は発想から完成までに3か月ぐらいかかりました」 「影響を受けた画家は尾形光琳長谷川等伯です」 「一回展示が終わったらもう終わりなんです。同じものを観せるわけにはいけません」 「中学生の頃に樹を詠った藤村の詩を暗誦して、樹が好きだったんですね」

 
 

同席:あめこんこ
収録場所:長崎県美術館
収録日:2012.4.1
放送時間:5分29秒
BGM:グッドマン「Stanley」

 

 

irish


DJと打ち込みによる作曲をライフワークとして活動。生業は別に地元である五島市在住。2012年3月に2年ぶりのアルバム「what we almost lost」をリリース。地元への言葉にならない喪失感をメインテーマに置いたこのアルバムは、こちらのアドレスから無料ダウンロード可。またベベンコビッチオーケストラのアルバム・ミックスなども手がける。

 
 

「本業もライフワークもおろそかにしないように気を払っています」 「曲作りは日課というかクセというか」 「使用システムは、普通のパソコンにエイブルトン・ライブを入れて、インターフェイスを外部付けです」 「リズムからつくることが多いですね」 「バーとか借り切ってイベントを時々やっています」 「やりたい音楽はたくさんあります。作り続けて一つにまとまるなという時に出しています」 「ダブの要素に複雑なリズムの要素を採り入れて」 「今、ミックスと作曲の境が曖昧になってきています」

 
 

BGM:オリジナルアルバムから「Is this a way out? feat. Julico」
収録場所:Be-cafe
収録日:2012.3.18
放送時間:5分58秒
ご自身のサイト

 

 

羽川敏久


造形作家。羽川再生堂店主。福岡市在住。大手デパート「岩田屋」などのウィンドウディスプレイに携わった後、オートマタ作家として独立。多様な素材と技術を駆使して生み出される作品には、ファンタジーが満ち溢れていることで定評がある。東急ハンズ大賞フレッシュアイ賞読売新聞第一回再生デザイン大賞優秀賞など受賞。ギャラリー展示、ワークショップ講師と活動の場も広い。

 
 

「基本的に再生品で作っています」 「オートマタとは簡単に言いますと、現代的なからくりです」 「一番初めにつくったのは洗濯ばさみの動きだけでどれだけ動かせるかやったものです」 「ゆる~いのをつくりたい」 「オートマタ作家は日本全体で10人」 「もともとは岩田屋などのディスプレイの仕事をしていました」 「素材があるとイメージが始まります」 「最初に取り組んだ作品はワイヤーを使った一連の作品です。作品は教科書『高校美術-Ⅱ』に採り上げられたこともあります」 「手法は金物、樹脂などいろいろです」

 
 

同席:原久雄田邉朗
収録場所:羽川再生堂
収録日:2011.8.4
放送時間:6分15秒
ご自身のサイト

 

 

T.斎藤


ウエブマスター。長崎市在住。長崎県を代表する個人サイトの一つとして絶大な人気を誇る『長崎ガイド』を運営。一日のアクセス数は約5,000。デイリーポータルZのライターとしても活動し、その独特の切り口には定評がある。茨城県つくば市出身。奥さんの転勤に伴い2001年に長崎へ移住。まもなく『長崎ガイ ド』開設。長崎検定3級。本業はシステムエンジニア。

 
 

デイリーポータルの記事で、ステテコを採り上げましたが、その後一時イベントになるとステテコで行ってました」 「リンゴを届けに行くって記事はつげ義春のパロディと言うか」 「一番評判がよかったのは男パフェ」 「楽しいですよ、是非来てくださいといくら書いてあっても、何も書いてないのと同じです」 「時々、破滅願望的な気持ちが湧いてきて」 「長崎はマスコミが近い」 「メールシステムは変わると思います」 「長崎に来てよかった。食べ物がうまい、景色がいい、なんでも空いてる、人間関係がガツガツしていない」

 
 

収録場所:ピエトロ チトセピア店
収録日:2011.07.27
放送時間:8分00秒
ご自身のサイト

 

 

土井千代子


ステンドグラス作家。長崎市在住。金沢美術工芸大学油絵科卒。山内公男氏に師事。1984年から長崎市在住。KTN西日本文化サークル講師。ステンドグラス美術展入選。福岡アジア美術館九州会第一回作品展他グループ展多数。喫茶硝子屋のオーナーでもあり、こちらでも教室を開催。

 
 

「ステンドグラスには、ガラスに絵付しケイムという鉛でつなぐヨーロッパタイプと、ティファニーのランプシェードなど装飾的なアメリカタイプがあります。主流はアメリカタイプです」 「フュージングという炉で溶け合わせる工法が今新しいんです」 「最初の発想がいちばん難しい」 「タッキーワックスで透明のガラスの上に色ガラスを仮止めして透過光で見て調整します」 「ガラスは規制があって自由じゃないから、かえってつくりやすいんです。自由って難しい」

 
 

同席:川崎啓一郎
収録場所:ちょこっとバー
収録日:2011.2.15
放送時間:7分27秒
ご自身のサイト

 

 

樋口芳美


クラリネット奏者。長崎市在住。OMURA室内合奏団メンバー。長崎県音楽連盟運営委員。 小川勉、松本努、大島文子、C.Neidichの各師に師事。2007年第132回日演連推薦新人演奏会で九州交響楽団とWEBERのクラリネット協奏曲を共演。軸はクラシックに置きながら、様々なジャンルを演奏するマルチプレイヤーになるべく活動の場を広げている。愛器はクランポン「tosca」A/Bset。

 
 

「あえていえば、いろんな準備が必要だと気付けるかどうかが才能だと思います」 「クラリネットは一番上品な音から、一番下品な音まで出せる楽器です」 「クラリネット曲を作曲家たちは死ぬ間際に書く傾向があります」 「いい意味での緊張感が大切です」 「演奏の一番最初の点を当てることがとても大切です」 「ホールで演奏することを前提として音をつくっています。狭い場所で目の前で聴いているオーディエンスにいい演奏をしようとする癖がつくと危険なことです」 

 
 

挿入曲:ご本人の演奏でモーツァルト『クラリネット協奏曲イ長調k.622』
収録場所:葉菜、かに屋
収録日:2011.2.1
放送時間:8分18秒

 

 

田邉朗


金属彫刻家。コンペティション:1985年 北陸中日展石川県知事賞、1987年 Be-Artギャラリー展大賞、1991年 第7回ヘンリームーア大賞展美ヶ原高原美術館賞、1992年 半田市野外彫刻展大賞、1993年 第1回大分アジア彫刻展優秀賞、1994年 第3回KAJIMA彫刻コンクールKAJIMA銀賞、他。1990年渡欧。現在、唐津市在住。

 
 

「一番おもいが深いのは、美ヶ原高原美術館にある一番最初に鉄を使った作品です」 「かつてと都市形態も環境も変わっているのだから、そこにふさわしい造詣を考えていくということが出発点です」 「日本人は質を大切にする特性を持っています」 「鉄が鉄として存在しやすい形を考えてあげて、私が鉄から感じる感動を伝えたいんです」 「アートといわれるものは身近になったと言われますが、私は逆に遠のいていると思います」 「私のロボット作品をナイキの社長マーク・G・パーカー氏に14~15体買っていただいています」

 
 

プロデュース:田屋敷酒風散人
収録場所:不躾庵
収録日:2011.1.22
放送時間:10分53秒
ご自身のサイト

 

 

後藤美樹


ピアニスト。長崎市在住。第17回長崎県高校音楽コンペティション金賞。国立音楽大学ピアノ専攻卒業。ウィーン国立音楽大学マスタークラス修了。ポーランド国立クラクフ管弦楽団をはじめとするオーケストラと共演。イタリア・ミラノにてマルツァガーリア氏のもとで研鑽をつむ。クレモナにてサント・ステファノの演奏会に出演。ニューヨークでのTSP in NYC にピアニストとして参加。長崎県オペラ協会ピアニスト。夫はしんのじ氏。

 
 

「オペラの練習の際は、オーケストラがはいるまではオーケストラ全体をピアノで受け持ち、基本的には指揮者と歌手とピアノの三者で仕上げていきます」 「この役割を務めるピアニストをコルペティトールといいます」 「歌手は入っていくべきですが、ピアノはそれを見つつ調整していきます」 「基本的にヨーロッパでは劇場付きコルペティトールを勤めて、そこから指揮者に上がっていきます」 「ソロも好きです。オペラだけをやっていると偏ってしまいますので合唱や各楽器といっしょにやったり」

 
 

同席:しんのじ
挿入曲:ご本人の演奏でモーツアルト『魔笛』より、ドビッシー『アラベスク1番』
収録場所:バー ウェイヴァリィ
収録日:2011.1.9
放送時間:08分40秒

 

>3  >2  >1